Google

Yahoo! JAPAN



推奨ブラウザ リンク集

ウェブサイト運営者は、自らが意図するユーザー体験を閲覧者に与えたい場合などに、自らのウェブサイトを閲覧するためのウェブブラウザとして特定のウェブブラウザを閲覧者に対して推奨することがある。推奨ブラウザとはこの時に推奨されたウェブブラウザ全般を指す用語である。 上記のように、推奨ブラウザとは概念的用語であり、「推奨ブラウザ」という名前のウェブブラウザが存在するわけではない。

ウェブ標準に従ってアクセシビリティに配慮したウェブサイトを作成すれば、理論上は推奨ブラウザを特に指定せずともサイト運営者が意図するユーザー体験を閲覧者に与えられるはずである。 しかしながら、現状ではウェブブラウザがウェブ標準に完全に準拠した実装を行っているとは限らないのが実情である。 ウェブページでは、HyperText Markup Language (HTML) やCascading Style Sheets (CSS) などが用いられるが、ウェブブラウザのもつHTMLレンダリングエンジンのバグや独自仕様などにより表示結果や挙動が異なる場合がある。また、JavaScriptなどを用いたダイナミックHTML (DHTML) は、ウェブブラウザの種類はもちろん、バージョンの差異によっても挙動が異なることもある。 レイアウトそのものが、ずれるなどしてうまく表示されないこともある。 World Wide Web Consortium (W3C) の勧告に基づいて作成されたAcid2に合格しないウェブブラウザも数多く存在する。 ウェブ標準に含まれない、ウェブブラウザ用プラグインを用いる場合もある。 また、ウェブブラウザはその登場から現在にいたるまで、さまざまな種類・バージョンが公開されており、現存する全てのウェブブラウザで検証することは困難である。 このような理由から、ウェブサイト作成者が表示・動作確認したウェブブラウザを閲覧環境として推奨することが多い。 なお、推奨ブラウザとして挙げられているウェブブラウザ以外で閲覧した場合でも、ウェブ標準に従ってウェブサイトを作成することで運営者の意図するユーザー体験が得られる場合もあるため、推奨ブラウザを指定する場合もウェブ標準に従い作成することが増えている。

推奨ブラウザの指定は、ウェブサイトのトップページや各ページのフッタ、もしくは専用のページに記述されることが多い。 推奨ブラウザ以外のウェブブラウザでアクセスされた場合、JavaScriptなどスクリプト言語を利用してブラウザのユーザエージェントなどを参照してブラウザ判定を行い、推奨ブラウザの使用を促す専用ページへの自動転送を行ったりメッセージを自動表示するといった方法も存在する。 ただし、ウェブサイト側でブラウザ判定を行う場合、ブラウザのユーザエージェントを偽装することで簡単に回避できるなど、ブラウザ判定に基づく振り分けが無意味となることもある。また、振り分けによりウェブブラウザの開発版(β版など)を排除すると、ウェブサイトの動作テストが正式版が出るまでの間できなくなったりする。このほか、開発版の排除はブラウザ開発者の作業を阻害してしまうことも発生するため注意が必要であるといったブラウザ開発者側からの指摘もある[1]。 このため、ブラウザによっては正しく表示されない(可能性がある)ことを告知するか、できる限り最新のすべてのブラウザで動作するよう最大公約数的なウェブ制作をとることが推奨されている。 また、推奨するブラウザのロゴをバナーとして掲載するウェブサイトもある。この場合、バナーには、当該ブラウザを入手することができるウェブサイトへリンクしているケースがとられている。さらに、ウェブ標準などアクセシビリティを重視するサイトでは、アクセシビリティポリシー等と併記・リンクする形で推奨ブラウザの指定を行っていることがある。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




Copyright (C) 2010 推奨ブラウザ リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4